仕事が出来る人はここが違う!その特徴を徹底検証

仕事の優先順位をつけて時間を意識して行動する

プライドよりも仕事の効率を上げること

仕事が出来ると思われている人は、人を使うのがとても上手です。
自分の苦手分野もよく把握しているので、急ぎの場合や他にも沢山の仕事を抱えている場合は、その苦手分野が得意な人にその仕事を割り振るようにしています。もし、誰も得意な人がいなかったら、一番仕事量が少ない人に任せるなど、皆が公平になるように仕事を割り振ります。
一人一人の力量を把握して、無理のない範囲で仕事を割り振り、皆が余裕を持って動けるように考えているのです。
一人で多くの仕事をこなしたほうが、より仕事が出来るように思われるというような変なプライドはなく、どうしたら効率よく仕事が出来るか、ということを念頭に置きながら仕事をしていると言えるでしょう。

人間関係を良好に保つ努力をしている

仕事を他の人に割り振るにしても、普段からの人間関係は非常に重要なポイントです。
どの人がどのような作業が得意なのか、ということを把握しているということは、それだけ周囲の人のことを観察出来ているということです。
人は誰でも承認欲求といって、自分のやっていることを認めてもらいたいという気持ちが少なからずあります。普段から周囲のことをよく観て、優れていると思ったことは素直に褒めてあげると良いでしょう。
相手が上司や目上の方であれば、褒めるよりも、教えを乞うような形で相手を立てるというような形であれば悪い気はしないのではないでしょうか。
仕事が出来る人は、周囲をよく見て、自分に余裕がある時は手伝うなどの気遣いをするなど、普段から人間関係を良好に保つ努力をするようにしていると言えるでしょう。