仕事が出来る人はここが違う!その特徴を徹底検証

優先順位をつけている為行動が適切である

返信が早く前倒しで仕事を進めていく

仕事が出来る人は、メールの返信や何らかのレスポンスが早い人がほとんどです。
それは、優先順位をつけて動いているので、早く返したほうが仕事がスムーズに進む案件を、瞬時に理解出来るからと言えます。
それから、常に相手のことを考えて動いているので、相手の様子を見て、取り急ぎ返信したほうが良いのか、翌日以降でも大丈夫なのか判断しています。そして、例え急ぎではなくても、「〇日までには完了予定です」といった内容のメールは当日中か翌日の午前中までには送るようにしていると思います。
それは、自分からしたら数多くある案件の一つだけれど、相手からしたらそうではないですし、急ぐかどうかは相手が決めることで自分ではない、と考えているからでしょう。

具体的に分かりやすく説明する

仕事が出来る人の特徴の一つに、話が明確で分かりやすい、ということが挙げられます。
例えば、ある企画についての改善点について話し合っている時、「もう少し商品単価を安くすれば客足も伸びるのではないか」という言葉ではなく、「商品単価を○円下げれば○代の客層もターゲットに入れることが出来る」というように具体的な数字を出して説明すると、皆がイメージしやすくなります。
仕事中は、皆忙しくしているので、誰もが理解出来るように手短に説明する必要があります。ついつい細かく説明しようとしてしまいがちですが、細かく説明されてもあまり耳に入ってこないのが現実です。結局また同じことを次も説明しなければならなくなるので、一回の説明で要点が伝わるように、重要なところは強調して、イメージしやすい例えや数字を出して、具体的に伝えるように心掛けているのです。