仕事が出来る人はここが違う!その特徴を徹底検証

睡眠時間を確保して健康的な生活を送る

適度な運動を生活に取り入れる

仕事が出来る人は時間管理がとても上手です。
無駄に残業することもないので、プライベートの時間もきちんと確保しています。
そしてプライベートの時間でも、ダラダラとする時間と健康のために使う時間を使い分けているのです。
例えば一日の仕事を終えて、寝る前の時間に何をするかと言えば、スマホをいじったり会議資料を広げたりするのではなく、ヨガやストレッチなどの簡単な運動をして体をほぐしたりすることが多いようです。
体の緊張が少なく、肩の力が抜けていると、人との距離も自然と近くなってくるので、コミュニケーションがとりやすいという利点があります。
それだけではなく、頭の柔軟性も上がり、様々なアイディアが出やすくなるので、仕事の能率も上がります。
血液の循環も良くなるので、笑顔も出やすく、より商談がまとまりやすくなるのではないでしょうか。

睡眠時間を確保して朝の時間を有効に使う

仕事が出来る人は、情報収集に余念がありません。
しかし多くの仕事を抱えながらどのように情報を集めるのか、疑問に思う方も少なくないと思います。
情報を集める鍵は、読書量の多さです。色々な分野の本を読み、新聞を読んで世間の動向を知り視野を広げるように、日々見えない努力を重ねているのです。
その為には睡眠時間の確保がかなり重要なので、出来る限り早めに寝て、朝の時間を有効に使うように心がけています。
早めに出勤することで朝の通勤ラッシュを避けられるので、電車の中でゆっくりと読書をすることが出来ますし、まだ他の社員が出勤していない朝のオフィスで、一日のスケジュールを確認し、余裕を持って仕事に取り組むことも出来ます。
早起きは三文の得、とは昔から言われていますが、正にそれを体現しているのが、仕事が出来る人の特徴と言えます。