話題のファッションレンタルサービスのデメリットとは?

話題沸騰のファッションレンタルサービス

画像では伝わりきらないサイズや素材感

今やなんでもオンラインで済ませられる時代になりました。
特に音楽や映画などは、昔はCDやDVDを「買って」自宅で見聞きしましたが、最近ではインターネットで「試しに見てみる」という感覚になりましたね。

しかし、衣服が、音楽や映画などと違うのは、「自分の体に似合うかどうか」という問題があることです。
ファッションにおいて、「サイズ感」や「素材感」はとても大切ですよね。
画面上で服の単独の画像を見たり、モデルが着ている服を見ても、自分の体に合わせてどうなるかというのは今ひとつわからないものです。
また、素材の印象も、光の当たり具合によって見え方が変わりますし、触り心地などはいくら言葉で聞いても実感がわかないものです。

いくらレンタルとはいえ、無料ではありませんから、納得がいかない服が届いてしまうのはがっかりしますよね。
選ぶ際には、サイズ感や素材感には十分に気をつけましょう。

実際届いて見てビックリ!

もう一つ、画面だけではわからないことは、その服の「実際の状態」です。
新品専門のサービスもありますが、現状ではユーズドの衣服がクリーニングされて送られてくるサービスが大半です。
ところが、画面で表示されるのは、新品状態の写真です。

綺麗な画像を見て期待して注文したのに、実際に届いた商品の状態がひどくてがっかりした、という事例は、どうしても発生してしまうようです。
多いのが、「毛玉がたくさんついていた」というものです。
特に寒い時期になるとセーターやカーディガンなどが増えますが、毛玉が綺麗に排除できていない状態で届いてしまうことがあります。
その他にありがちなのは、部分的にほつれてしまっていたり、形が崩れてよれてしまったりというもの。
さらに酷いものだと、「前の人の体臭と思われるような臭いが残っていた」ということもあるようです。

そういった問題は改善傾向にあるようですが、使用する際は気を付けてください。


この記事をシェアする