話題のファッションレンタルサービスのデメリットとは?

レンタルゆえの面倒なところ

どうしても面倒な返却作業

ファッションレンタルサービスの次のデメリットは、結局それが「レンタルである」ということです。
レンタルなので、まず取り扱いに気をつけなくてはなりません。
サイトによっては、「気に入ったらそのまま買い取ることができる」というサービスもありますが、原則、返さなくてはなりません。
ということは、また次の人が使える状態を維持する気遣いが必要です。

そして何より、「返却作業」がどうしても発生します。
送り状の記入や、梱包、集荷・発送依頼など、機会がなければなかなか経験しないことなので、初めはどうしても億劫で、戸惑ってしまうかもしれません。
また、梱包の仕方が不十分だと、配送途中に服が傷んでしまうリスクもあります。
なので、箱にそのまま入れるのではなく、衣服をそれぞれ袋に入れて封をし、その袋をしっかりしたダンボールに梱包するように気を付けるといいでしょう。

拭えないユーズドの抵抗感

レンタルであるがゆえのもう一つの問題点は、それが「ユーズド」であることです。
一部サービスでは新品のみというものもありますが、大半はユーズドの服を繰り返し使う形です。

古着店で衣服を購入したことがある方は多いと思いますが、そういった店舗での購入は、たいていの場合、一人しか利用していない場合がほとんどです。
また、着ていた本人が店頭に持ち込んでいるので、店員と一緒に衣服の状態を確認しているおり、安心感があります。

その点、このファッションレンタルサービスは、複数の人数が利用したユーズドアイテムであるというデメリットがあります。
「クリーニングしてあるから問題なし!」と割り切れる方にとっては、何の問題もないかと思いますが、理屈では「清潔」とわかっていても、気になってしまうこともありますよね。
利用する前にそのような点も考えておくと良いでしょう。


この記事をシェアする