話題のファッションレンタルサービスのデメリットとは?

気になる他の人からの視線

気になる世間のイメージ

ファッションレンタルサービスはまだ始まったばかりの、歴史が浅いサービスです。
今ネットでの口コミによって急速に話題を呼んではいますが、とはいえ、世間での認知度はまだ限定的です。
そこで気になってしまうのは、「このサービスを利用していることを他の人にどう思われるか」ということです。

知り合いや家族などに「ファッションレンタルサービスって知ってる?」と聞いてみても、「ドレスや振袖のレンタル」しか思い浮かばない人がまだまだ多いのではないでしょうか。
実際にサイトをのぞいてみれば、本格的なブランドが多く進出しており、今やなんら恥ずかしがらずに利用できるほどにファッションのレベルは上がっています。
しかし、世間のイメージとしては、「日常の服をレンタルするなんて」という抵抗感がまだ少し残っている部分があるかもしれません。

これから、さらに世間に浸透すれば、より安心して利用できるようになるかもしれませんね。

自分のセンスが磨かれないかも?

レンタルサービスでのリスクとしては、「自分のファッションセンスを磨きにくい」というデメリットもあります。

ファッションのセンスというのは、やはり自分で色々試着し、悩んだ末に少しずつ買って、失敗したり後悔したりしながら、成長させていくものですよね。
もちろんレンタルでたくさん経験を積むこともプラスにはなりますが、限られた予算の中で服を厳選する経験に比べると少し弱いかもしれません。

また、多くのレンタルサービスは、「上下セットで借りて、そのセットのまま返却する」という形式が主です。
なので、「このトップスに、違うパンツを組み合わせたらどうなるか」という風に、「様々な組み合わせを試す」ということができないというデメリットもあります。

ファッションセンスを磨くためには、レンタルサービスと、通常通りの購入とを並行してバランスよく利用するのが吉かもしれませんね。


この記事をシェアする